プラチナ(白金)の主要産出国

産出国として代表的なところは、やはり南アフリカやロシアなどになるでしょう。南アフリカでは、偏在していることがよく知られています。レアメタルといわれるものですが、そのうちでもさらに希少な価値のあるものです。地殻1トンごとに、わずか0.001gという産出量なのです。1kgの単位になると、その価値は2010年の時点で5.2万ドルにも上っています。
続きを読む

カテゴリー: プラチナ(白金)の主要産出国 | プラチナ(白金)の主要産出国 はコメントを受け付けていません。

研磨剤

ダイヤモンドは、耐摩耗性に優れている物質のため、微粉末にした研磨剤についても、非常に重要視されています。
例えばガラスの彫刻、それ以外の宝石の研磨という目的で使われてきたものです。
続きを読む

カテゴリー: 研磨剤 | 研磨剤 はコメントを受け付けていません。

鑑定書

鑑定書の発行をしているのは、宝石鑑定士の集団です。
世界に共通して存在している基準であり、鑑定が行なわれています。
鑑定に使われる基準は4Cといわれるもので、カラット、カット、クラリティー、カラーという四つの要素になります。
続きを読む

カテゴリー: 鑑定書 | 鑑定書 はコメントを受け付けていません。

鑑別書

鑑別書は、宝石の種類、そしてその石が天然のものであるかどうかの証明を行なうための書類になります。それそのもので宝石の価値を決めるものではありません。宝石が本物である場合には、それが天然のものであると認めるように記載されます。
また、その石が人工的に処理をされているものであるのかどうか、そこで処理がされているとしたらどのような処理が行なわれているのか、ということも鑑別されます。硬度、比重、屈折率、偏光性、多色性、蛍光性、分光特性といったものについても記述されます。
鑑別書は、裸石の状態でつくられる場合と、指輪に加工された状態からつくるという場合があります。色石を鑑別するということは、その石が天然であるかどうかの判断を下すということです。それが本物であるのか、偽物であるのかということの判断を行ないます。赤い石がルビーなのかスピネルなのか、という判断をするのですね。
続きを読む

カテゴリー: 鑑別書 | 鑑別書 はコメントを受け付けていません。

Cut カット(プロポーション)

ダイヤモンドの輝きは、プロポーション、フィニッシュといったものによって大きく左右されていくことになります。
ダイヤモンドの美しさという価値において、人間が唯一介入できるとことです。

理想的なカットの場合には、Excellentカットといわれています。
続きを読む

カテゴリー: Cut カット(プロポーション) | Cut カット(プロポーション) はコメントを受け付けていません。

Clarity クラリティー(透明度)

ダイヤモンドの結晶が生まれる際、その中に取り込まれたものや、傷の有無についてを判断するため、十倍に拡大をします。その透明度に対してどのくらいの影響が生まれているのかを判断していきます。透明度が高ければ、それだけ希少価値は高くなっていくのです。
続きを読む

カテゴリー: Clarity クラリティー(透明度) | Clarity クラリティー(透明度) はコメントを受け付けていません。

Color カラー(色)

無色透明のダイヤモンドは、その透明さによって価値がさらに高くなっていきます。その評価基準については細分化されています。
D ・ E ・ F:無色
G ・ H ・ I ・ J:ほとんど無色
K ・ L ・ M:少し黄味
N・・・Z:黄味
続きを読む

カテゴリー: Color カラー(色) | Color カラー(色) はコメントを受け付けていません。

Carat カラット(重さ)

カラットは、重量の単位を表現しています。1カラットの場合には、0.2グラムで重さの表現をしています。
重さというのは、ダイヤモンドの価値を決定する上では大きな要因になります。
続きを読む

カテゴリー: Carat カラット(重さ) | Carat カラット(重さ) はコメントを受け付けていません。

品質保証書

鑑定や鑑別が付属していない商品に関しては、店舗側から保証書が発行されるということもあります。
ダイヤモンドの販売を行なっていることが記載されるものであるために、
プレゼントに使うためでも安心できますね。
続きを読む

カテゴリー: プラチナ(白金)の主要産出国 | 品質保証書 はコメントを受け付けていません。

レコードの針

ダイヤモンドは、レコード針にも使われていたものです。
先端は非常に細かく研磨されていて、17ミクロンの細さを持つものが普通のLP用として使われていました。

カテゴリー: レコードの針 | レコードの針 はコメントを受け付けていません。